<   2017年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


気になるブガル

飼主までもが衰弱しお騒がせいたしましたm(_ _)m

連日の点滴のおかげで、熱も出ることなく現在に至ります。


朝方のブガル
a0099131_23504259.jpg
こんな感じで枕をぶんどられています(*´Д`*)

首肩痛いけどいつものように、いやいつも以上に甘えてくれるようになり嬉しい限りです。


散歩?
a0099131_23523108.jpg
トイレに行くまでのしばしの動きらしい…。

インスリンが切れはじめると動くのかな?


ポン中じゃないYO!
a0099131_23544051.jpg
今までうったインスリンの跡形…。

こんなの普通に捨てたらヤバい人と勘違いされるし、医療系廃棄物になるので病院で処理してもらいます。


日曜の遠出
a0099131_23565921.jpg
私が日中いる時は一階へ…。

階段も普通に降りることが出来、このまま順調に運べばいいと思っています(´∀`=)


腹の上のチビタ
a0099131_23593250.jpg
時々限定で苦しいサービスをご提供してくれます。

が、しかし、雨限定か?必ずというほどオットー布団で今度は大ジョンベンをするように( ´Д`)y━・~~

昨日は台風の中、布団をしま●らへ買いに行きました…。

元気ならもういいや!



にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 


by nekokichi-san | 2017-10-23 23:48 | Comments(2)

1人民族大移動

まずは嬉しいいただきものからご紹介です110.png

なぜか写真が横に反転・・・、なおすのが面倒なのでこのままでご勘弁。


群馬県Aさまより
a0099131_00240727.jpg

ものすごくおいしそうなオレンジジュースをいただきました!いつめありがとうございます!

実は私、またもや扁桃腺の調子が悪く、今日病院で早めの点滴と薬をもらいに行ってきたばかりなのでとてもグッドタイミングでした177.png


一緒に就寝
a0099131_00263646.jpg

ブガルの体調が急変したら困るので専用病棟(物置)で一緒に寝ています。
1階ではチビタのおしっこ騒動でみんなと一緒に寝ることがなくなりましたが、茶タロウ部屋が気になったり、ブガル部屋が気になったりと・・・、体が1つじゃ足りないくらい、あっちへ行ったりこっちへ来たり、1人民族大移動です。

ブガルはとても甘えん坊なのでみんながいる時に見せなかった姿を見せてきます145.png
いつもチャッピーやミーたんからの攻撃に身を潜めていてトイレもビクビク状態だったブガルをなぜ事前にケアできなかったのだろうと、とても反省しています。


追加
a0099131_00245031.jpg

今日(火曜)に自分の病院が終わった後、熱が出る前に薬をもらわねばならぬと、ブガルを連れて獣医さんへ・・・。

インスリン用の注射器を2か月分にインスリン本体、心臓病の薬も追加ですが利尿剤(胸水を抜くため)は今回減らして様子をみることになりました。


チビタ
a0099131_00251214.jpg

ブガルも一人じゃ寂しいかと時々チビタ兄貴を投入しますが・・・、

インスリンを打つ時のアルコールの臭いがなかなかとれないのか全く仲良くしてくれません145.png



ブガル
a0099131_00243779.jpg

ブガルはチビタにすり寄ろうとするからとてもせつなくなってきます。
アルコールの脱脂綿、方法を変えようと思います。

大事なブガル検診結果:良くも悪くもないのですが、今は口にしてくれるものはどんどんあげて水分もたくさん補給すること。
※人間もそうですがインスリンをうつと血糖値が下がるので倦怠感に襲われます。
ブガルにもその傾向があるのでインスリン後の様子見、胸水のたまり具合(おしっこで確認)、脱水症状の確認、薬の給餌などなど・・・、
先生にやり方や確認の仕方などいろいろ教えてもらうことがたくさんで・・・、今回ものすごく勉強している吾輩ですが、これは私がしでかした罰だと思っています。



にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 



by nekokichi-san | 2017-10-18 00:23 | Comments(8)

ブガル2度目の退院

今週はじめ2度めの再入院をしたブガルですが、金曜夕方に退院することができました(TT)

一時はどうなることかと思いましたが、たくさんの方々の励ましやお祈りのおかげで奇跡の回復をすることができたのだと思います。
もちろん獣医さんのおかげでもあるのだけれども・・・。
本当に本当にありがとうございます!



帰宅直後のブガル
a0099131_00513260.jpg

家の匂いに安心したのかな・・・?

ピタリと泣き叫んでいた声が止みました。



ブガル専用病棟のコタツにて
a0099131_00515425.jpg

安心したのかものすごく落ち着いています。

病院では一切カリカリを口にしませんでしたが、ほんの少しだけカリカリを食べ、エナジーちゅーるも数本食べてくれました(TT)/



チビタ
a0099131_00521582.jpg
シャーシャー言うかなー?と思いながらもブガルに会わせてみることに・・・。

ツイッターに動画は載せてありますが、せっかくブガルが挨拶してくれているにも関わらず冷たい対応をするチビタでした(><)



脱走中
a0099131_00524026.jpg
チビタが顔を出してから元気になったのか、扉が開いたすきに隣のオットー部屋にヨタヨタしながら逃げていきます。

ちょっとした運動として見守りながら歩かせてみます。


なぜかまたケージの中へ・・・
a0099131_00530299.jpg
常時部屋に置いてあるケージなので箱感覚で時々入っていたため少しくつろいでいます。

天敵が来ないよう遠くで見張ることにしよう・・・。


オットーの布団の上にて
a0099131_00532124.jpg
ベッドの上に登れるほど少し元気になったのかな?

まだ病院でうってもらった点滴や施してもらった薬が効いているのだろうけど、この感じで元気になっていってほしいです。



糖尿病と心臓病の薬
a0099131_00533277.jpg
先生曰く糖尿より心臓のほうに重点を置かないといけないらしい・・・。

糖尿に関しては朝晩インスリンを注射、心臓に関しては餌に薬を混ぜ無理やり食べさせます。

肺に胸水もたまりやすいので利尿剤も一緒です。
これがまた注射より大変でした。

あとはお水を自発的にもっと飲んでもらわないとまた脱水症状を起こしてしまうので、水分補給がさらに難易度を増しますが、
ブガルの奇跡にとても感謝しているので頑張れそうです。




にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 




by nekokichi-san | 2017-10-14 00:50

ブガルの再入院

気になるブガルの様子です。


再入院
a0099131_23170359.jpg
日曜にグッタリしていたので病院へ…。

脱水症状でご飯も食べてくれないのが原因となり点滴しつつ再入院となりました。


あきちゃんより
a0099131_23183989.jpg
横須賀のお友達よりブガルが唯一なんとか口にしてくれるちゅーる、しかもエナジーちゅーるをこんなにたくさんいただきました.°(ಗдಗ。)°.

ありがとーう!たくさん食べてもらって絶対に回復させる!


お客さん
a0099131_23203719.jpg
心配な気分を紛らすかのごとく、昨晩裏口にチョビ髭のお客さんが来ました。

どこかの家の子かな?というくらいの毛艶と体格でした( ^ω^ )


今日のブガル
a0099131_23224066.jpg
点滴が外れていない…。

糖尿の数値は問題なく、帰宅してもインスリンとゆくゆくは食事制限でなんとかなりそうですが…、

心臓に異常があり、呼吸が荒いのも食欲がないのも原因の一つだそうです。

投薬治療になりますが、薬の効き目がないと食欲もないまま治療法がないとのことで、薬が効いてくれるのを願うばかりです。・゜・(ノД`)・゜・。

まだまだお別れするには早すぎる…。
いろいろな後悔ばかり頭をよぎります。
奇跡を信じたいです。


にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 




by nekokichi-san | 2017-10-10 23:16 | Comments(6)

ブガル退院後

気になるブガル情報です。


金曜夕方
a0099131_23002413.jpg
お見舞いへ行ったら点滴が外れていました!

ケトン体の数値が落ちつき、ご飯はまだ食べてくれないものの、帰宅すれば食べる可能性に賭けて退院の運びとなりました。


帰宅直後
a0099131_22594765.jpg
チロとチャッピーがすぐさま近寄ります。

だけどもしばらくはブガルを天敵から守るためにもブガル専用病棟へと連れて行きます。


親愛なるチビタ
a0099131_23044347.jpg
ブガルが1番大好きなチビタとはご対面させてあげようとチビタを連れて行きましたが…、

予想外にチビタが病院の臭いに反応したのかシャーシャー言うので退散させました(;ω;)


グッズいろいろ
a0099131_23064073.jpg
ご飯を食べない時用の餌&シリンジ。

そして病院で練習してきたインスリン注射とアルコール消毒です。


ちゅーる
a0099131_23082489.jpg
インスリン注射前はご飯を食べさせないといけなく、とりあえず今は食べてくれたら何でもいいのでちゅーるをあげました。

食いつきはかなり悪いですが少しでも自発的に食べてくれることが重要です。


インスリン注射
a0099131_23103711.jpg
オットーに写真撮らせましたが焦点がズレて下手くそすぎてろくな写真がありません。

まずは10日間はインスリンの最適な量を把握するため、注射器の2単位までになります。


まだまだ素人
a0099131_23130526.jpg
肩甲骨の間に針が垂直に入るよう注射します。

今はブガルが衰弱して大人しいので楽にできますが、これから先上手く打てるか心配です。


覗き見
a0099131_23160929.jpg
そーっとブガル専用病棟の扉を開けると、コタツから出てクールダウンできるほどに(´∀`*)

トイレまで歩けるみたいだし、日々のブガルの成長を楽しみに頑張ります。



にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 



by nekokichi-san | 2017-10-07 22:58 | Comments(5)

ドクターイエローに願う


皆さんが気になるブガルの様子からです。


昨日のブガル
a0099131_21492239.jpg
先生の献身的なお世話のおかげで少しづつ数値が安定しているようです。
まだ2時間起きの検査や点滴の量の見極めに先生に手間を取らせています。

数値が安定してご飯を食べるようになれば退院の兆しが期待できるのですが、全くご飯を食べようとしません148.png


奇跡のドクターイエロー
a0099131_21525122.jpg
非常にわかりにくいのですが、昨日会社の仲人さんを駅まで迎えに行く最中、偶然にもドクターイエローが走行しているのを初めて目撃しました173.png

ドクターイエローを見ると良いことが起こるという伝説があり、夕方のブガルのお見舞いへ行ったらきっと昨日より一昨日より安定していますように・・・☆と願った結果が少しではありますが数値の安定につながりつつあります。
先生ももちろんですが、ドクターイエローもありがとう145.png


ブガル専用病棟
a0099131_21534045.jpg
物置化していたタロジロの保護部屋として使用していた狭い部屋を、ブガル退院後の夜中だけでも一人心休まる空間にしようと考え帰宅後に大掃除しました。

ブガルは体は大きいのに、ミーたんやチャッピーにいつも狙われていじめられるのでストレスもかなり大きかったと思います。
生活習慣に関してもそうですが、守り切ってあげれなかったことをとても反省しています161.png


家政婦は見たごっこ
a0099131_21535466.jpg
チビタがすっごいこっちを見ておる・・・。

単純に何かが欲しいだけなのですが、いつもとは違い静かに私を見ています。
ブガルがいないことわかるのかな?


今日もまたドクターイエロー

a0099131_21541279.jpg

これは私が帰ろうかと思った少し前、社長が偶然にドクターイエローを見た写真です。
猫吉の働いているところは新幹線の駅が近いので確率的には普通の人より見るチャンスはあるのかと思います177.png

ほんの少しの遅れで見損ねましたが、なんだかやっぱりドクターイエローってすごいのかも・・・。


茶柱までご歓迎
a0099131_21542360.jpg

今日は獣医さんが休みだったので緊急時には先生から電話をもらえるようにしてあります。
今の所まだ電話はないのでホッとしています。

何年かぶりに茶柱が立っているのを発見しました107.png

縁起が良いことがずっと続いている、きっと明日は大丈夫!と願いたい・・・。


にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 


by nekokichi-san | 2017-10-05 21:47

ブガルの入院

昨晩から気づいた出来事です。

ツイッターでたくさんの方々にご心配いただきありがとうございます。
これが詳しい内容です。

横たわるブガル
a0099131_21092341.jpg
空ゲロを吐き、息がとても荒く、寒いはずの床の上でほとんど動けない状態でした。

気づいたのは寝ようとした深夜2時頃なので、朝獣医さんへ連れて行くにも心配でなりませんでした.°(ಗдಗ。)°.


待合のブガル
a0099131_21115475.jpg
いつものような元気はなく、ウンコが2、3日前から出ている形跡がなかったので、以前いまは亡きモモが患った糞詰まりかと思っていました…。

でもそれは大きな間違いでした。


診察室のブガル
a0099131_21145205.jpg
触診のみの時点では心臓の病気を疑わしかったらしいのですが、血液検査とレントゲンを撮ってもらい判断してもらうことに…。

そして怒涛の月曜ですが社長に連絡したら、ちゃんと診察して安心してから来たほうがいいとの神対応(;ω;) 
なんて私は恵まれ環境にいつもいれるんだろうと感謝です。


結果
a0099131_21190529.jpg
a0099131_21191896.jpg
見ていただいてもわからないと思いますが、簡単に説明すると、進行してしまった糖尿病、インスリンが自分で作れない状態で、脂肪をエネルギーで使うために動けない。

脂肪から分解されるケトンという酸性の有害物質が異常な数値で下げるにはまずは血糖を下げ尿から排出させるしかないという処置になります。

糖尿病に詳しい方はわかるかと思いますが…、いつ病状が急変するかわからない状態であり、血糖が安定し退院後も食事制限はもちろん、インスリン注射を投与し続けなくてはいけなくなるだろうとの見解です。


お見舞い
a0099131_21262503.jpg
点滴中ですがまだまだ安定はしておらず、食欲も元気もありません。

よりによって明日は朝から夜まで名古屋なので心配でなりませんが、少しでも回復することを祈るばかりです。・゜・(ノД`)・゜・。

また状況できる限り更新いたします。


にほんブログ村 猫ブログへ ポチっとポチっとよろしくどうぞ♪ 




by nekokichi-san | 2017-10-02 21:08 | Comments(4)
line

~チビタと愉快な仲間たちが繰り広げる愛と笑いの感動日記~


by nekokichi-san
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31